自動車ガラス取替え・修理、カーフィルム、ボディコート、なら安全ガラス広島
メニュー

「アークバリア21」は薄いガラスの膜でボディを包む画期的なカーコーティング。
「無機系」ではなく有機物をまったく含まない「完全無機質」であるため溶剤が流れ落ちることは、理論上ありません。 見た目の輝きはもちろん、高い効果を長時間保つそれがすべてにおいて本物を目指した「アークバリア21」の実力なのです。

①洗車がラクラク。あっという間にキレイ!

洗車がラクラク。あっという間にキレイ

②新車の塗装の厚みが長持ち、だからいつまでも新車の輝き

施工時の塗装状況によりかわります。

③売却時の査定金額UP!

お車の状態をキレイな状態で保つことにより高価査定が見込めます。




1・洗車と鉄粉とり

洗車後ポディチェックを行い、粘土を使って鉄粉除去します。

2・マスキング

モール等樹脂部品を傷つけないように丁寧にマスキングします。

3・磨き

3種類のコンバウンドを使い鏡面仕上げをしていきます。

4・洗車してコンパウンド油分をすべて落とす。

アルカリ洗剤と中性洗剤で2度洗います。

5・水気を飛ばす

車についた水分をエアーで全て吹き飛ばします。

6・アークバリア塗りこみ

手作業で丁寧に塗りこんでいきます。

7・一晩置く

アークバリアの溶剤を乾燥させるため一晩置きます。

8・仕上げ

仕上げ剤を用い、ガラスコーティングの表面を整えます。

9・納車前準備

ボディにリンスをかけ、タイヤにワックスを塗って完了です。